SpiceLife
SpiceLife > 食材 > 乳製品 > 牛乳 > ギー / Ghee

ギー / Ghee

このページは2011年 2月 24日, 23:59に更新されました by OpenCage

    from Wikipedia

    Ghee is a class of clarified butter that originated in South Asia, and is commonly used in South Asian (Indian, Bangladeshi, Nepali and Pakistani), North African (Egyptian and Berber) and Horn African cuisine (Somali, Ethiopian and Eritrean). The word ghee comes from Sanskrit: घृत (ghṛta, IPA: [ɡʱrit̪ə] 'sprinkled') and has several names around the world (Punjabi: ਘਿਉ ghyo, Hindi: घी ghī, Nepali: घ्यू ghyū, Urdu: گھی ghī, Bengali: ঘী ghi, Oriya: ଘିଅ gheeo, Marathi/Konkani: तूप tūp, Kannada: ತುಪ್ಪ tuppa, Malayalam: നെയ്യ് ney, Tamil: நெய் ney, Telugu: నెయ్యి neyyi, Somali: subaag, Arabic: سمنة samna, Persian: روغن خوب roghan-e khoob).

    Ghee. (2011, January 22). In Wikipedia, The Free Encyclopedia. Retrieved 17:50, January 22, 2011, from http://en.wikipedia.org/w/index.php?...ldid=409379612

    ギー(ヒンディー語: घी ghī、英: ghee)は、インドやアフガニスタンなどで古くから作られ、食用にされている乳脂肪製品。澄ましバターの一種。バターに似ているが、加熱する過程で独特の香ばしい香りが生まれる。語源は「ふりかけられた」を意味する サンスクリット: घृत(ghṛta グルタ)。ネパール語: Ghiu(ギウ)。アフガニスタンではローガネ・ザルド(roghan-e zard)とも呼ばれる。
    ウシやスイギュウ、ヤギの乳を沸騰させて加熱殺菌した後に乳酸発酵させ、凝固したものを撹拌してバター状にする。これを更に加熱、ろ過してホエー(乳清)を除去して作る。加熱ろ過の過程で水分、糖分、蛋白質などが除かれるため、バターよりも腐敗しにくくなり、平均気温の高い地域において長期間、常温で保存することが可能になる。

    Ref.ギー - Wikipedia

    Powered by MindTouch Core